ご家族の方の債務整理−ご家族やご親族の方の借金や債務整理の事例

ご家族やご親族またはご友人の方の借金や債務整理の場合、本来であれば債務者本人が積極的に債務整理等の問題の解決に動くところですが、状態が悪化するまで放置し周囲の人間に迷惑をかけ、最終的には家族や親族を頼り助けてもらう結果になり、しかもお金の問題で家族や親族に迷惑をかけたり、助けてもらった事は初めてじゃなく何度か繰り返しているケースも少なくありませんので、金銭的な処理と精神的な教育の双方の債務整理が必要不可欠です。

事例紹介

小林さん(58歳、女性、広島県広島市、母)の場合

小林さんは女手一つで三人の息子を育て上げ頑張ってきましたが、数年前に長男のギャンブルによる借金の肩代わりをしたことがきっかけで、長年コツコツと貯めてきた蓄えも底をつき、朝から晩まで複数の仕事を掛け持ちしないと生活が厳しい状況に陥ってしまった中、最近ようやく働き出した長男のギャンブルによると思われる借金が発覚し、わらにもすがる勢いで債務相談をしました。

債務整理前、整理後

債務整理前
信販系カード3社からショッピングとキャッシング総額120万円
消費者金融5社からキャッシング総額230万円
ヤミ金8件から高利貸付総額60万円
債務整理結果
不当利得の返還をともなう任意整理により
総額256万円の過払い金返還
債務整理後の生活
本人も反省し信用情報機関に借り入れが出来なくなるように申請しました。

0120-67-316003-5567-3160無料相談フォーム

ページの一番上へ