不法請求について

緊急でのヤミ金対策
ヤミ金対策を今すぐ行う!
ヤミ金から取立を受けている。ご家族・会社に嫌がらせを受けている。身に覚えのない借金の督促状が届いたり、自宅に督促の貼り紙をされたりした。

緊急の方はこちらから(9:00〜21:00 年中無休・日本全国対応)
0120-67-3160


『ジャパンネット法務事務所のヤミ金対策』

ヤミ金問題の対策と債務整理に特化して20年以上の実績を持つジャパンネット法務事務所だから、ヤミ金問題は電話一本で全ておまかせ。その日の内にヤミ金問題が解決します。

ジャパンネット法務事務所のヤミ金対策は、

  • ◯どれほど悪質なヤミ金でも、その日の内に解決
  • ◯お客様からヤミ金へ連絡する必要は一切なし
  • ◯犯罪組織のヤミ金だから、元金の返済も不要
  • ◯年中無休・日本全国に対応

ジャパンネット法務事務所では、一切の妥協を許さないヤミ金対策専門の交渉術と、20年余にも及ぶヤミ金対策のノウハウを通じて、お客様のヤミ金問題に最善の結果をご提供することをお約束いたします。

ジャパンネット法務事務所は犯罪集団であるヤミ金に対抗するため警察組織と強力に連携しています。ち密な戦略を礎に、二手三手とヤミ金の行動の先を読んだ対抗措置を打ち出してゆくことであらゆる面からヤミ金を追い詰めます。ヤミ金問題でお悩みのお客様は、まずはフリーダイヤルか無料相談フォームにてご連絡下さい。

○どれほど悪質なヤミ金でも、ジャパンネット法務事務所ならその日の内に解決!

一般的な債務整理は問題が解決するまで概ね2〜3ヶ月の時間を要します。しかし犯罪組織であるヤミ金に対してそのように手をこまねいている時間はありません。ヤミ金問題で一番大切なものはスピード感です。「ヤミ金に引っかかってしまった!」と思った場合、早めに手を打てば打つほど軽微な被害で問題は終わります。逆に放置すればするほど被害は広がり、やがては債務者のみならず、家族や勤め先と言った債務者の周りの人々にも迷惑を及ぼし始めてしまいます。

ジャパンネット法務事務所はいかなるヤミ金に対しても即日解決。迅速なヤミ金対策により、お客様の信用を守りつつ、ヤミ金に二度と手出しはさせません。

○お客様からヤミ金へ連絡する必要は一切なし!

当所にヤミ金対策をご依頼された場合、以降、お客様からヤミ金へ連絡を取る必要は一切ありません。万一ヤミ金から連絡が入った場合、出る必要はありません。そのまま無視しているだけで問題は完全に解決します。

そもそもヤミ金とはお金を融資するのではなく「怖い」ことが仕事なのです。お客様としては連絡が取りたくないのも当然のこと。だからこそジャパンネット法務事務所はお客様のご負担を極限まで軽減。ご依頼と同時にすべてのヤミ金問題を一括処理し、さらに解決後の取立も一切生じないようにいたします。

○犯罪組織が相手だから、元金の返済も不要!

お客様に「ヤミ金とは」と問えば、ほとんどが「高利貸し」とお答えになるでしょう。しかしそれは大きな間違い。ヤミ金とは犯罪組織のことなのです。サラ金のように法律に則って金融を行なっていない業者からお金を借りた場合、元金も含めて一円の返済も不要です。これは無登録業者や法定利息を超えた高利貸しなど、法律違反の金融業者すべてに当てはまります。

ジャパンネット法務事務所では、ご依頼を受けたお客様から一円の返済もヤミ金にはさせません。これは「本物」のヤミ金対策の専門家だけが持ちうるスキルとノウハウのたまもの。後から「元金分だけは返済をして下さい」などと申し出ないので、お客様としても安心してヤミ金対策を施せます。

○年中無休・日本全国に対応!

ヤミ金業者はどれも似たり寄ったりに見えます。このため、債務者からすれば「威圧的な高利貸し」として一括りに見えることでしょう。しかし実際にヤミ金対策を施している当所からすると、一言でヤミ金とは言っても、ヤミ金が業務を営んでいる地域や状況・時期的な要因などによって個々の特性が少しずつ異なっているのです。

例えば過疎化したある地域では、法律的には「ヤミ金」であっても、いわゆる威圧的で暴力的な高利貸しではなく、単に公的機関に無届けで金融を営んでいるだけの老人などもいるのです。逆に繁華街などでは殺人・暴行なんでもありと言った一般的なヤミ金や、女性のみをターゲットに絞り、甘い言葉で金利を貪る特殊なヤミ金なども存在します。

ジャパンネット法務事務所では、日本全国いかなる場所・いかなる状況においても即日中にヤミ金問題を収束させることをモットーとしています。ヤミ金や特殊な金融詐欺などでお悩みの方はまずは無料相談にてご連絡下さい。

○このようなお悩みを抱えていませんか。
  • ○ヤミ金から家族へ取立をすると脅されている。
  • ○返済をしない場合、会社に取立・督促をすると言われた。
  • ○お金を用意したのに完済できない・させてもらえない。
  • ○複数のヤミ金業者から借入をしている。
  • ○「殺す」「刺す」などの脅しを受けている。
  • ○カードを止められたり、ブラックリスト入りになったりすることが怖いので、ヤミ金対策が行えない。

そこでジャパンネット法務事務所のヤミ金対策

○ヤミ金から家族へ取立をすると脅されている

家族への取立は一家離散の危機を孕んでいます。肉親に連絡が入れば、親は黙って債務を肩代わりしてくれるかもしれません。しかしサラ金ならばともかく相手は詐欺師の集団です。幾ら返済をしても「まだ足りない」「残債がある」と延々と振込をさせ続け、貯金は当然のこと、実家の家屋敷や財産、果ては両親そのものをも失うことにもなりかねないのです。また取立を受けた相手が配偶者であれば、まず離婚危機は免れません。逆に配偶者が若い専業主婦などであれば、ヤミ金にそそのかされて水商売などで働かされることにもなりかねません。さらに幼い子どもがいれば子どもの通う幼稚園や学校はもちろんのこと、子どもに対してすらもヤミ金は平然と恫喝し、暴力を振るうのです。

このように危険なヤミ金だからこそ、ジャパンネット法務事務所は即日中にヤミ金問題を解決。警察組織と連携を図って子どもはもちろん、犯罪被害が及びそうな周囲の人々をも徹底的にガードします。また離婚の危機など、感情的なもつれが起こらないように戦略的なアプローチを持つことで、副次的な悲劇の回避に注力するのもジャパンネット法務事務所のヤミ金対策の特徴の一つです。

○返済をしない場合、会社に取立・督促をすると言われた

ヤミ金が債務者の勤務先に取立を行うと、その嫌がらせによって会社側は業務の遂行がままならなくなる可能性が非常に高くなります。これに伴い、一般的な会社ならば、まず問題の原因である債務者を懲戒解雇とするでしょう。場合によっては解雇の後に損害賠償請求を行う可能性すら否めません。またヤミ金は債務者の同業他社に、罵詈雑言を書き連ねた債務者の履歴書を送りつけることがあります。このような場合、債務者は懲戒解雇された後、同業他社に再就職できなくなる可能性も高くなります。

ジャパンネット法務事務所のヤミ金対策は高い危機管理能力が魅力です。問題が生じる前に被害を最小限に食い止め、さらに債務者が現状の業務を維持できる可能性を極限まで高める手法でヤミ金対策を行います。また予期せぬ出来事により、万が一債務者が現在の職場を辞職した場合でも、速やかな再就職が可能となるよう、ヤミ金の嫌がらせによって債務者の信用を失墜させない手法を複数仕掛けます。

○お金を用意したのに完済できない・させてもらえない

トイチ・トサン・トゴなどの高利であっても、一生懸命お金を工面して返済日に完済に臨む債務者も少なくありません。ところがせっかく頑張って完済しようとしても、ヤミ金側は「完済するには前日までに連絡が必要」とか「用意した金額は完済分ではなく、金利。さらにここからは金利が倍になるので、10日後には倍額を用意するように」などとめちゃくちゃな論理を展開してきます。これはひとえに完済をさせずに金利だけの返済を続けさせたいと言う思惑がヤミ金に働いているためです。

ジャパンネット法務事務所は特殊な形態も含め、この20年余にわたり、ありとあらゆる種類のヤミ金に対処してきました。そしてヤミ金のセオリーの一つとして「どんな手段でも良いのでとにかく完済させない」と言うものがあることも理解しています。だからこそジャパンネット法務事務所では、金利はもちろん、元金分も含めて一円もヤミ金に返済しません。お客様にとって最も負担の少ない形でヤミ金対策を施すことが可能なのです。

○複数のヤミ金から借入をしている

ヤミ金とは端的に言えば詐欺師の集団。人を騙す手練手管に長けており、よほど注意深い人ですら、ときにヤミ金の仕掛けたワナにかかってしまうことも珍しくはないのです。

お客様が複数のヤミ金から借入をしている場合にもこの点はあてはまります。お客様から見て借入先が複数のヤミ金のように見えても、実はそれは真っ赤なウソかもしれません。ヤミ金は一つの社内で複数の名義を使ったり、関連会社内で顧客を回しあったりすることが少なくありません。これは手数料を奪ったり、別の社名を出すことでリスクヘッジを行ったりと色々な理由が挙げられます。いずれにしてもお客様は複数のヤミ金から借入をしているのではなく、実はヤミ金と言う巨大な樹木の枝葉をあちらこちら移動しているのに過ぎない可能性も高いのです。

ジャパンネット法務事務所のヤミ金対策は豊富なノウハウと同時に徹底した調査が強み。ち密な戦略を構築するためには多くの情報の裏付けが必要です。複数のヤミ金からお客様が借入をした場合、対象となるヤミ金が一社なのか複数なのか、また系列店なのか個別なのかをしっかり判別。複数に見せかけた一社及び系列店ならば、本社となる主要な会社を狙い撃ちにすることで、個別の場合、危険な相手から優先順位を定めた上で順次ヤミ金対策を施してゆきます。

○ヤミ金対策でブラックリストに記載されないか?

サラ金への返済を滞納するとCIC・JICC・KSCなどの信用情報機関に「信用事故」として記載されます。内容の軽重にもよりますが、信用事故を起こすとそれ以降、カードローンやキャッシングなどの融資が受けられなくなります。これがいわゆる「ブラックリスト」の中身です。

しかし、そもそもヤミ金は金融会社ではなく犯罪者です。ですので、信用情報機関からすれば、ヤミ金からお金を借りることも、また言いなりになって返済することも、もちろんヤミ金対策を行なって一円も返済しないことも、これは金融業界とは一切関わりのない事柄なのです。もちろん信用情報にも記載されないため、ヤミ金対策は社会生活において何ら影響を及ぼさないものだと断言できます。

他にヤミ金に関するご質問・疑問点・お悩みなどがある方は、
フリーダイヤルもしくは無料相談フォームにてお問い合わせ下さい。
無料相談フォーム

緊急の方はこちらから(9:00〜21:00 年中無休・日本全国対応)
0120-67-3160


○このような思い込みは危険

ヤミ金は違法行為を行う犯罪組織です。またヤミ金から融資を受けた場合、元金も含めて返済する必要はありません。

ヤミ金から借入をしている債務者の方の中にも、この知識をお持ちの方は多々おられます。しかし、その知識が働いた結果「ヤミ金は犯罪者だからいざとなれば警察署に駆け込めば何とかなる」とか「法律を盾に返済を突っぱねればいい」と思っている方もおられるようなのです。しかしこれは大変に危険な考えです。

ヤミ金は自分たちが犯罪者であることは百も承知です。ヤミ金にとって、債務者が法律を理由に返済を拒んできたり、取立に際して警察を前面に押し出してきたりすることは日常茶飯事なのです。そしてヤミ金はそれら、債務者の抵抗を日々相手にしながら、平然とヤミ金業を営んでいます。これは要するに債務者が何を言おうと、また何を打ち出そうとヤミ金にとってはまったく効き目がないと言うこと。むしろ債務者が余計な動きをすればするほど、ヤミ金はより一層のいやがらせ・脅迫・暴力を行ってくるのです。この点がしっかり理解できていないと、いざヤミ金から取立を受けた際に大問題に発展します。

これを簡単にまとめると、

     
  • 1.ヤミ金問題は債務者が自力で何とかできるものではない。
  •  
  • 2.債務者は弁護士・司法書士のような法的執行力をもっておらず、執行力がない者が法律を盾にしても、ヤミ金は鼻で笑い飛ばすだけ。また、警察署に駆け込めば何とかなるかと言えば、警察も何もしてくれないことが多い。

と言うことです。


○債務者個人の交渉は厳禁

ヤミ金は非常に交渉が上手です。債務者自身がヤミ金と交渉した結果、何とか返済のめどが立てられたとしても、実のところヤミ金側にうまく言いくるめられてしまっていることが往々にしてあります。場合によっては前までよりもさらに高い金利で返済を行なっていたり、また完済にこぎつけたと思っても、それと引き替えに犯罪の片棒を担がされたりするケースも珍しくはありません。

繰り返しますが、債務者個人がヤミ金と交渉したり、対抗したりしようとしては絶対になりません。やればやるほど泥沼に陥り、やがては近隣住民などからも苦情が殺到して生活することすらままならなくなります。

また、三流ゴシップ誌やインターネット内でよく見かける「ヤミ金を懲らしめた話」のような話題にも絶対に飛びついてはなりません。おかしな真似をしてヤミ金を激高させた後、雑誌の記者もインターネットで書き込みをした人も、誰も責任は取ってくれないことだけは肝に銘じておくべきです。

ヤミ金対策は一般的な弁護士・司法書士でもあまり関わりたくない業務です。ヤミ金業界と長く対抗してきたヤミ金対策の専門業者ならばともかく、社会の暗部やアウトローな世界に少しばかり興味を抱いた者の、安っぽい創作話やあてにならない入れ知恵で大けがを負うことだけは避けるべきです。

他にヤミ金に関するご質問・疑問点・お悩みなどがある方は、
フリーダイヤルもしくは無料相談フォームにてお問い合わせ下さい。
無料相談フォーム

緊急の方はこちらから(9:00〜21:00 年中無休・日本全国対応)
0120-67-3160


○「嵐は過ぎて、日はまた昇る」−ジャパンネット法務事務所のヤミ金対策の後に

当所にヤミ金対策をご依頼されたことでお客様は元の平穏な日常に戻ることができたはず。当所ではヤミ金対策の終了後、問題が解決した旨をお伝えいたします。その後は緊張に苛まれた心をほぐしながら、リラックスして辺りを見回して見て下さい。ヤミ金に脅かされない静かな日常がお客様の目の前には広がっているはずです。絶え間ない取立の電話で心を千々に乱していたことも、肺腑をえぐられるようなヤミ金の強要・脅迫行為に胸を痛めたことも、もはや過去のものとなりました。ジャパンネット法務事務所のヤミ金対策を通じて、お客様は大切なご家族やパートナーを守り、その関係を保つこともできました。何も変わらないあの日常がまた戻ってきたのです。ヤミ金と遭遇するまで気づきもしなかった、平穏な日々に戻り、きっとお客様は思われることでしょう。当たり前の日常ほど素晴らしいものはないと。

お客様を嵐から守り抜く。煌々たる朝日が再び昇るまで。
これがジャパンネット法務事務所のヤミ金対策なのです。


○ヤミ金以外の借金は大丈夫ですか?

ジャパンネット法務事務所のヤミ金対策によって犯罪者からの脅迫・恐喝問題は終焉を迎えたはずです。しかしヤミ金被害者は同時にサラ金の多重債務者であることがほとんど。実際、ヤミ金への借入理由として、サラ金への返済が目的だったと言う人は少なくありません。

ヤミ金対策によってせっかく平穏な日々を取り戻したにも関わらず、サラ金からの督促によって生活費に事欠くようでは同じ問題の繰り返しです。お客様がヤミ金問題を起こした原因はサラ金への多重債務があるためです。ならばその問題も同時に解決してしまいましょう。

ジャパンネット法務事務所の借金対策はヤミ金も多重債務もワンストップ。問題を同時に解決することで、ヤミ金もサラ金も同時に取立をストップさせ、ヤミ金のみならず、サラ金の借金も大幅に減らすことが可能です。

取立・督促はもちろんのこと、全ての借金問題が解決したその瞬間、お客様は今までの歩んできた人生とはまったく異なる生活となります。そこにはもはや耳障りな取立の電話や心を苛む督促状などはありません。借金の返済日が近づいてくるたびに財布の中身を確認する必要もありません。その代わり、自分で自分の人生の舵を握り、ゆったりとくつろいだ気持ちでより豊かな未来へと歩んでゆく生活となるのです。

ゆとりある時間と豊かな心、彩りあふれる生活に包まれた、一つ上の人生をご提供すること。それがジャパンネット法務事務所の債務整理なのです。

○街金・システム金融の対策も可能

ヤミ金は個人相手に融資を行うものですが、個人事業者や法人を相手にヤミ金業を営むものを街金と呼びます。街金の定義は曖昧で、例えば特定地域内で小規模で貸付を行なっている業者を街金と呼ぶ場合もありますが、ここでは法人などの事業者を相手に小切手などを振り出させるかたちで高利融資を行うヤミ金のことを指します。街金は交換よりも売掛の回収などで現金を得るケースが多く、高利で悪徳な商工ローンと言った位置づけに置かれることが多いでしょう。

またDMやFAXなどを利用して高利で手形や小切手を振り出させ、数日内で現金に交換する業者をシステム金融と呼びます。こちらは足がつかないように絶えず名義や屋号を変更しながらも、債務者となる法人が不渡りを出すまで高利で融資を行い続けます。この利息の高さは異様でシステム金融に手を出した会社はほぼ間違いなく不渡りとなります。極限まで切羽詰まった法人のためのヤミ金と言えます。

ジャパンネット法務事務所では街金・システム金融への対策も可能です。違法金利の業者に関わってしまった法人のお客様も、まずはフリーダイヤルもしくは無料相談フォームにてご連絡下さい。

他にヤミ金に関するご質問・疑問点・お悩みなどがある方は、
フリーダイヤルもしくは無料相談フォームにてお問い合わせ下さい。
無料相談フォーム

緊急の方はこちらから(9:00〜21:00 年中無休・日本全国対応)
0120-67-3160


※注意※ ヤミ金対策を騙った詐欺師・ヤミ金と結託した弁護士・司法書士にご注意


インターネット内では現在、ヤミ金対策・ヤミ金解決を謳った怪しげなサイトが大量に出まわっています。仮にサイトの持ち主が弁護士・司法書士のものであっても、すぐに信用してはなりません。なぜなら彼らの中にはヤミ金と内通している者もいないわけではないためです。

これらヤミ金対策を謳う詐欺サイトの一番の特徴は、格安料金でヤミ金対策を施すと述べている点にあります。また同時にヤミ金対策の重要ポイントである「元金の返済が不要である」ことを述べない点も併せて見受けられます。

ヤミ金対策を謳う詐欺サイトに連絡を取ってはいけません。万一連絡をすると個人データを抜き取られた挙句、ヤミ金にそのデータを売られる可能性が生じます。またデータとは別にヤミ金対策を施す場合にも、元金をヤミ金に支払うことで手打ちとするような仕組みとなっている可能性も考えられます。また、結果的には元金分の支払いも含めると異様な高値になる可能性が高いため、注意が必要です。

この他、ヤミ金側から和解のための弁護士・司法書士を紹介された場合にも絶対に関わってはなりません。これらは明確な法律違反であり、彼らに関わることでヤミ金問題が解決するどころか、別の犯罪への道が拓かれる可能性が高くなります。

当所を含め、正規のヤミ金対策サイトは必ず「ヤミ金に対しては元金の返済をする必要がない」との旨を強く打ち出しています。ですので、まずはその点をしっかりとチェックしましょう。

他にヤミ金に関するご質問・疑問点・お悩みなどがある方は、
フリーダイヤルもしくは無料相談フォームにてお問い合わせ下さい。
無料相談フォーム

緊急の方はこちらから(9:00〜21:00 年中無休・日本全国対応)
0120-67-3160


ページの一番上へ