債務整理コラム

借金問題はまず「もとどおり」をめざす

お金持ちにとって家計簿の管理は基本中の基本です。

また株式を公開して、たくさんの従業員を抱えている大きな企業ほど、お金の管理をまめに行っているものです。

お金持ちや大企業の帳簿は、徹底的にシェイプアップされています。税理士や公認会計士のような財務のプロフェッショナルがそれらの帳簿を見れば、見事なまでに磨き上げられた各欄の数字に思わず感動のため息が漏れてしまうことでしょう。

帳簿というものは単なる数字の羅列ではありません。家計簿をこまめにつけている家や、財務がしっかりマネジメントされている会社を訪れてみるとそれはわかります。すみずみまでとても清潔で管理が行き届いるのです。

逆にどんぶり勘定でイケイケドンドンの会社ほどトイレが汚かったり、怒鳴り声が響いていたり、そこかしこに埃が積もっていたりするものです。個人の場合でも、やはり借金が嵩んで返済を放り投げてしまっているご家庭は、拝見するに残念ながら綺麗とはいいがたいことが少なくありません。

イストワール法律事務所では、借金の整理を行うにあたり、ご相談者の生活を最もスムーズにかつストレスなく再建できる方法を、ご相談者と一緒に考えます。当所ではこの際、家計簿をつけることをおすすめしていますが、そもそもなぜ家計簿をつけるでしょうか。

お金は社会を循環する血液のようなものです。お金がなくても生命は存続できますが、お金がなければ社会で生きている「社会人」にはなりえません。そして家計簿をつけると自分が社会の中で、どのような人間であるかが見えてきます。

たとえば、家族の医療費が嵩んでいるという人もいるでしょう。子どもの学費のために返済に追われているという人もいるはずです。この場合、家族を大切にしている人という面が見え隠れしてきます。医療費を削るのはなかなか大変でも、そのかわり、交通費を減らしてみたり、ローンの繰り延べや保険の切り替えをしてみたりなど、ご家族を守りながらご自身の生活を楽にする方法もきっと発見できるはずです。

逆に遊興費で、パチンコやキャバクラ、たばこやお酒での出費が嵩んでいる人もいるでしょう。それは別に恥ずかしいものではありません。実際のところ、どんな人でも似たり寄ったりの面はあるのです。ただ、それを家計簿で表してみることで「ああ、自分はこういう人間なんだな」と客観的に把握する事はできるでしょう。また、なりたい理想の自分の像とどれだけかけ離れているかもひと目で理解できるはずです。

このようにお金の管理をきちんと帳簿につけてみるだけで、社会人として自分を磨く作業につなげることができるのです。

一般の家庭であれば、まずざっくりでも良いので家計簿をつけてみる。返済ができないのであれば、これを放置してしまうのは時間の無駄、かけがえのない、二度と取り返しのつかない人生の無駄につながってしまいます。だから少々腰が重くてもさっさと債務整理をしてしまう。

債務整理というものは、ある意味、今はやりの断捨離のようなものです。家の中にころがっている不要なガラクタを片っ端から処分すると、生活できるスペースが驚くほど広がることに気づくでしょう。しかしそれは実は「もとどおり」の状況なのです。

世の中にはそこからさらに極限までブラッシュアップを繰り返し、さらに収入を増やし、支出を減らしてお金持ちの道に邁進する人もたくさんいます。しかしまずやるべきことは「もとどおり」を目指すこと。債務整理は何も怖いものなどありません。デメリットより圧倒的にメリットの方が多いのです。

いずれにせよ、まずは家計簿をつけて、現状を把握してみましょう。社会の中における「自分」というものの姿がくっきりと浮き彫りになってきます。

ページの一番上へ