債務整理コラム

孤立している人ほど借金問題は「ドツボ」にはまる 2

加えて、闇金などの違法金融に個人情報を渡してしまうと、あっという間に犯罪市場にその情報が出回ります。

これは一番わかりやすい例でいうと、大手の書店の出入り口などで昔、よくアンケートなどをしていたはずです。ところがこれに答えると、数週間後、色々な業者から朝から晩まで営業電話がかかってきました。

同じように闇金のような犯罪に情報を渡せば、闇金はもちろん、似たりよったりの色々な詐欺業者がカモとして債務者を狙ってくるものなのです。

そもそも世間には無数の詐欺があります。オレオレ詐欺もあれば、出合い系詐欺もあります。デート詐欺もありますし、架空請求の詐欺なども有名でしょう。

これらの犯罪は闇金業者が債務者の個人情報を関係者や、場合によっては名簿屋などに渡す事で生じるものです。この原因は図らずとも、たとえば「サラ金一括審査100社」などと言うようなアフィリエイトサイトなどに個人情報を渡してしまう事によっても生じてくるものです。

そうして一度でも個人情報を闇金に渡してしまうと、当該の闇金はもちろん、さまざまな詐欺師があの手この手で声をかけてくることになりかねないのです。

このように闇金被害はあらゆる悪質な犯罪になりかねません。では、こういう事態が生じたとき、どうすれば良いのでしょうか。その解決策の一つに、当所ジャパンネットとつながる事が挙げられます。

そもそも闇金被害に遭うと、状況がぐちゃぐちゃになります。被害者にとっては何を信じて良いのか、自分がどのような立場に置かれているのかわからなくなります。また被害が進んだ人、とくに女性の中には風俗店などで働かされている人もたくさんいます。

闇金問題に対して放置したり、なかなか対策を講じなかった場合、男性であれば朝から晩まで日雇い労働、女性であれば風俗店で勤める事になりかねないものです。

世間からの見方としてですが、闇金からお金を借りて行き詰まったと言うのはけっして良い内容ではありません。だから女性の中には誰にも相談できずに風俗店で働かされ、しかもそれがまた精神的に孤立を呼び、闇金とだけしか会話が成り立たないという悪循環に陥っている人がたくさんいます。

当所では、闇金被害に遭った方の今置かれている状況に一切関係なく、あらゆる闇金被害者に対してまずジャパンネットに無料相談をすることを強く推奨しています。

そもそも人は無人島で暮らしているわけではありません。人と人との関係の中で、はじめて自分を成立させるものです。だから信頼できて心が通じ合う誰かと思いを共有できると言うのはかけがえのないものだと断言できます。

そして今闇金問題が一番悩みの種であるのなら、信頼できる専門家に無料で相談できると言うのは何よりも心強いはず。

先に申し上げた通り、闇金問題は一旦始まると、即座に自分の置かれている状況がわからなくなってしまいます。大混乱に陥ってしまうのです。だからこそ、被害に遭った際にはまず、当所に相談。

自分が今どんな事態になっているのか。どんな状況なのか。そしてどうすれば闇金被害を切り抜けられ、終わらせる事ができるのか。知識であっても、それがわかるだけで、全然違います。生きる気力が湧いてくるはずです。

闇金被害で困った。そういうときには、まずジャパンネット法務事務所に相談を。やってみるだけで思った以上に必ず良い成果が得られる事はお約束いたします。

ページの一番上へ