債務整理コラム

サラ金問題の多重債務であっても、闇金被害だけは切り離して処理すべき

闇金業者が犯罪者であるのは、誰もがご存知の事実です。ただ、法律を違反しているから犯罪であると言うのと、犯罪行為を行っている輩だとちゃんと認識しているかはまったくの別物。

それがわかっていないと、闇金被害は意外にズルズルといつまでも続きます。実際、そのような状況に陥っている人は世の中にごまんと存在しているのです。

闇金問題の対策は、法律に則って適正に業務を行っているサラ金の多重債務とはまったくの別物です。これは債務整理と言う特性においてもあてはまります。

たとえば闇金対策を行っても信用情報機関に信用事故として記載される事はありません。官報に載ったり、クレジットカード発行の際の信用で問題が起こるなど、お金の面はもちろん、社会的、法的なデメリットは一切存在しないのです。

ところがこれが理解できていない方は大勢おられます。闇金業者から嫌がらせをされた被害者の中には「イストワール法律事務所で闇金被害の対策をしたら、サラ金からもう融資が受けられなくなってしまうのでは?」と考えておられる人が結構いるのです。

しかし、そのような事実は一切存在しません。闇金業者からの嫌がらせに遭った方の中には、サラ金はもちろん、各所から多額の借入をしている人もたくさんいます。借りたお金が返済できず、もうどうしようもないのでしたら、それはもちろん、法的な手続きを踏んで借金の整理をする方が良いのは間違いありません。

ただ、借金の返済で悩んでいると言ってもそこは十人十色。それぞれに個別の事情があるものです。お子様の学費のために公庫から借金をしている人はたくさんいます。住宅ローンもそうです。ご家族が重病で、その治療費ために借金をしている人もいます。

イストワール法律事務所では、闇金業者からの嫌がらせで困っているため、その被害の対策だけをしたいという人からも、日々ご相談を受けています。もちろん多重債務で困っており、サラ金問題も同時に終わらせたいのであればもちろんそれも可能です。

ともあれ、闇金業者からの取立だけを止めさせたいとのご要望であれば、イストワール法律事務所では、任意整理と同様、必要な闇金業者だけに対して取立を終わらせる事ももちろんできます。また、先に述べたように闇金問題の対策を行うことで社会的・法的なデメリットが生じる事はまったくありません。

これはよく考えて見ればすぐに気づく話です。サラ金会社だって、もし貸金業法の規制がなければ、闇金と何も変わりません。脅したり、殴る蹴るの暴力だってあるでしょう。実際、かつての武富士などはそのような脅迫的な取立で大問題になりました。

法律を順守しているからこそ、債務者が踏み倒しを図った場合、サラ金会社は法律によって差し押さえなどの法的対処を行う事ができます。また信用情報機関への登録なども行う事ができるのです。場合によっては訴訟すら行う事もあるでしょう。

しかしそんなことはできません。法律を破ってやりたい放題をやっているからこそ、いざと言う時にも当然法律を用いる事はできませんし、仮に踏み倒されたとしても、債務者に対して法的ペナルティを加える事はできないのです。できるのは自分たちの力の範囲で違法な暴力や脅迫を行う事だけなのです。

ただし、繰り返しになりますが、闇金業者は犯罪者です。加えて、恐喝や脅迫を受けたために警察署に駆け込んでも、被害届はなかなか受理されないのが現実です。

だからこそ、正規のサラ金会社への多重債務については一度置いておき、闇金被害に遭ったのであれば、まず最優先で闇金被害は対策を施さねばなりません。グズグズしているとあっという間に生活の基盤を崩されて、人生がめちゃくちゃにされかねないからです。

闇金被害に遭ったのであれば、理由はどうあれ、イストワール法律事務所にまず相談。その点だけは忘れないようにしてください。

ページの一番上へ