債務整理コラム

意外に見落としがちな、借金被害を解決するための原始の視点 2

当所、イストワール法律事務所は20年以上もの間、ありとあらゆる借金問題のご相談を受け、それを完璧に処理してきました。その件数たるや2万5000件を優に超えます。この間、本当に色々な債務と出会い、その傾向も感覚的につかめます。

借金をする人には借金をする傾向がある。そして借金の整理をした後、もう二度と借金で苦しまなくなる傾向の人もいる。また借金地獄に戻ってしまう人もいる。借金をばねに大きく社会に羽ばたいて成功する人もいれば、どことも知れず行方不明になってしまう人もいる。

人は同じ属性を持つ者と同じ道のりを歩んでゆきます。これはひっくり返せば、今、借金で苦しんでいても、属性を変えれば成功者への道のりへと歩む方向を変えられるということ。

では、どうすれば属性を変えることができるのでしょうか。

真理はいつも単純なところに

真実はいつもシンプルで単純極まりないものです。いわれてしまえば「なあんだ」とあきれてしまうようなことばかり。借金持ちから成功者への属性の変更も実は同じなのです。

借金で今苦しんでいる状態から、人生を心地よく過ごせる属性へと変えるには、まずは落ち着くこと。それが何よりも大事なのです。

くだらないなあと思うかもしれません。でも、それを少し堪えて次の文章を読んでみてください。

「座」という文字。「すわる」です。「座」という文字を分解すると、屋根の下、土の上に2人の人が、向い合っているのがわかるはず。古い文字だと「坐」ですので、土の上の2人の人が向かい合っているだけです。

それで? と思うかもしれません。でもちょっと不思議だと思いませんか。座るというのは一人でする行為です。それなのに2人の人が向かい合っているのです。

この意味は、一人の人が地面に座って落ち着くことで、もう一人の自分と向かい合っているのです。もう一人の自分はきっと何かを言っているのでしょう。

「ああ、どうすればいいんだろう。明日の返済までにお金が用意できない。誰かお金を貸してくれないかな。取り立てが来たら、なんて言ってごまかせば良いのだろう。いっそ居留守を使えば良いのだろうか」

ずっとぺちゃくちゃしゃべり通し、嘆き通しの自分、そしてそれを黙って聞いている自分。自分自身の心と向き合い、苦しむ自分の話を聞いてあげつつ、しかしその声にのまれてしまうことなく、じっと自分を見つめてあげること。それが実は落ち着くことなのです。

借金をしないという選択肢

まずは落ち着いて自分自身と話をすること。そしてそれができたとき、ふと自分の周囲を見回してみましょう。

部屋の中にビールの空き缶やタバコの吸い殻、くだらない雑誌や脱ぎ捨てた衣服などが散らばっていないでしょうか。これらは何かしゃべっていないでしょうか。よく耳を傾けてみてください。

「もう借金の返済なんてどうでもいい。何もかも知ったことじゃないよ」

この言葉は成功者の属性でしょうか。失敗者の属性でしょうか。

部屋の隅に「ブラックでも融資OK。無審査ですぐにご融資」と書かれたチラシがないでしょうか。そのチラシは何かを伝えてきていないでしょうか。

「金を貸してやるよ。その後、地獄に突き落としてやるけどな」

この声は借金から脱出できる属性を持っているでしょうか。借金地獄への呼び声が聞こえないでしょうか。

部屋がカーテンで閉じられていないでしょうか。日差しを遮るカーテンは何かを述べていないでしょうか。

「借金取りに見られたくない。居留守を使ってとりあえず今日をしのごう」

それは借金のない人の属性でしょうか。借金で行き詰まった人の属性でしょうか。

クリアになった気持ちを持って周囲を見回すと、人も、モノも、自分に関するあらゆるものに属性が見え隠れしてきます。

では、このような生活の中で借金から抜け出せる声は見つけられないでしょうか。

いいえ、あるはずです。

「あなたの借金を完璧に、最もリスクの少ない形で整理します」と大きな声で繰り返し伝えているものが。

そうです。それはイストワール法律事務所の、このウェブサイトであり、そしてそれを見ているあなた自身の心なのです。

未来には無限の可能性がある

古代の中国では、人はあるモノのことを考え続けると、それそのモノになってしまうといわれていました。中国拳法のことばかり考えている人は、いつの間にか拳法家になってしまうということです。また、私たちの住む日本では、モノにはそれを作った人の精神が宿ると考えられています。日本刀や戦艦大和は、日本人独自の精神がかたちになったものともいえます。

話を戻しますと、人は属性が同じものに同化します。であれば、借金生活から抜け出るにはどうすれば良いのか。

自分の手の届く範囲にあるモノ、自分に関わりのある人、これらの中から借金の気配のするものをどんどん遠ざけ、かわりに良いものをどんどん身近に置いてゆくことです。

部屋から出る必要すらありません。ただ、キレイにするだけで世界はたちまち変わってゆきます。同じ場所に立っていても、属性を変えてゆくことで、未来の方向がどんどん変わってゆくことが実感できるはずです。

そうしてすべてがキレイになった暁には、もう一度、イストワール法律事務所のウェブサイトを開いてみてください。最後の最後、自分がこれから何をすべきか、自然と腑に落ちるものがあるはずです。

ページの一番上へ